WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFは全体として均一的なセキュリティを確保することができます。1パーセントの脆弱性にも対応できます。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFは全体として均一的なセキュリティを確保

アプリケーションを開発するにあたってはセキュリティを確保しながら行っていきます。それに対してはシステムエンジニアなどが行っているのですが、では全てについて対応できるかどうかになります。世界的に利用されているOSにおいても毎月のように脆弱性が見つけられてその対策のシステムがダウンロードされるようになっています。

一応は対策をするのですが、100パーセントは無理と言っていいでしょう。そして1パーセント問題があるところが狙われるのが厄介なところです。ほんの少しの問題しかないのにその部分だけが狙われるのです。それを解決するものとしてWAFの利用があります。1パーセントにおいて脆弱性が見つかったとしても、それをトータルで対応してくれます。

完璧なセキュリティレベルでの開発ができたとしても、こちらを導入しているところはあります。万が一のことがあるからでしょう。あるときには100パーセント大丈夫であっても、それ以降に問題がでた時に利用価値が高まります。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.