WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFでは、攻撃を防御するだけでなく、どのような攻撃が来ているかの状況を把握する仕組みがあります。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFにより攻撃の状況を把握する

何らかの攻撃を受けるときに壁がなければそのまま被害を被ってしまいます。壁を作っておくことで、被害を受けずに済むようになります。壁の向こう側ではどんどん攻撃が行われているようですが、全く問題なくて安心しているところです。でも攻撃を使用としている方もただ壁に跳ね返されているだけではないでしょう。いずれその壁を乗り越えたり、突破しようとするはずです。

ネットワーク上においてはファイアウォールによって攻撃から防ぐ仕組みを持ちます。このときに、WAFを利用することがあります。これによりウェブアプリケーションを提供する場合においても利用者に問題を与えずに済みます。設定しているから安心と思っていたら、少しずつ問題が生じるようになってきました。新たな対応が必要です。

あるシステムの機能においては、攻撃の状況を把握する仕組みがあります。以前の攻撃と今の攻撃などから、将来的に攻撃が激しくなってきたときに問題が生じてくる事がわかります。もっと強固なものが必要なことが分かるのです。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.