WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFにおいてはエンジニアの負担が大きくなる場合があります。それによりコストも大きくなることもあります。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFではエンジニアの負担が大きい

自社でネットワークを運用するとき、必ず必要になるのがエンジニアの存在です。24時間体制、365日体制で対応してもらうため、一人で行うことはできません。複数人でそれもそれなりの技術を持った人が行うことになります。かと言って問題が常に起こっているわけではありません。企業としても負担についてはいろいろ問題を抱えています。

WAFを導入するときにおいても同様のことがあります。こちらを導入することで更に負担が大きくなることがあります。今までのエンジニアだけでなく、新たにセキュリティに強いエンジニアを採用する必要が出てくることもあります。一度導入すると簡単に利用をやめることもできませんから、導入時の負担が大きくなることがあります。

思い通りに稼働した場合には、利用しない時に比べて大きくコストを減らせる場合もあります。ですから計画的に導入をすればいいのでしょう。どのようなケースにおいて問題があり、問題がないかなども検討するようにします。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.