WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFにおいてはファイアウォールとの相性を調整するチューニングが必要になり、その費用がいります。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFで必要になるチューニング費用

一般的にはセキュリティソフトは一つしか導入できないと言われます。あるセキュリティソフトを導入した後、別のソフトを導入すると互いにウィルスと思ってしまうようです。ですからうまく稼働しなくなってしまうのです。どうしても二つ使いたい場合は一方をアンインストールして利用するとか、一時停止にして利用する必要があります。

WAFはソフトウェアに対してファイアウォールの仕組みを加えるものです。ソフトウェア自体に問題があってもそれを防御してくれる仕組みがあります。普通に防御する仕組みのみが働けばいいのですが、場合によっては当初の目的の機能をうまく働かせない場合があります。ファイアウォールを稼働させるとその部分が使えなくなるのです。

そこでチューニングを行い、うまく機能が動くように設定のし直しをしなければいけません。そうすれば機能は利用できるし、ファイアウォール機能は動く状態にすることができます。それをするチューニングの費用が必要になります。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.