WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFにおいては、初期費用と保守費用がかかると言われます。トータルの運用費を負担しなければいけません。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFの導入には初期費用と保守費用がある

インターネットをするパソコンにおいてはセキュリティソフトを必ず導入すると言われます。こちらにおいては、初期費用と保守費用があります。初期費用はパソコン等に導入するシステムになります。そして保守費用は日々発生するウイルスなどに対応する仕組みです。個人のものであれば1年毎に更新するタイプが多いです。一度導入すれば終わりではありません。

ウェブサイトを運営する会社が利用するWAFについても同じになります。大きなシステムを導入すれば後は防御してくれるかといえばそうではないのです。常に保守が必要になりますから、その保守費用の負担についても考えておかないといけません。見積もりなどにおいて保守費用だけしか見ていなかったとすると大変なことになります。

こういったものに関しては、本体費用よりも保守費用のほうがかかるケースが多いと言われます。1年間にどれくらいの保守料がかかるかも想定して導入をしなければいけません。初期費用をうんと安くして導入を勧められることもあります。

関連記事・情報

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.