WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFとは、Web上でデータ更新を行うようなものを置いているサーバーを、悪意のある攻撃から守るツールです。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFとは?悪意のある攻撃からデータを守るもの

WAFとは、一種のセキュリティシステム・ツールのことです。Web上でデータ更新を行うようなツール、例えばブログ、オンラインバンキングやショッピングサイトといったものを使用しているサーバーに導入されていることがあります。

一般的にはブログ、オンラインバンキング、ショッピングサイトなどのWebサイト自体にもぜい弱性を生み出さないようにプログラミングされることが必須です。しかしあくまでもプログラムは人間が生み出すもので、新しいぜい弱性を生み出されたりするなど、どうしてもイタチごっこになってしまうのが現状です。また新しいぜい弱性に対してWeb単体で対応するのは時間、労力を取られることもあります。

そこでWebサイト単体でぜい弱性から身を守るのではなく、サーバーにもそういった機能を実装させ、より強固に守っていく、同時にWebサイトひとつひとつではなくサーバー全体で守るという考え方でWAFができてきました。こういったセキュリティは何重にも防御を張り巡らせることで十分な効果を得ることができます。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.