WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFはアプリケーションの脆弱性を突いた攻撃をもガードしてくれる、新しい優れたセキュリティーです。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

脆弱性を突いた攻撃をもガードするWAF

IT技術の進化により、次々と新しいコンテンツが生みだされる現代において、普通のユーザーがそれを意識せず、高度なサービスを受けられるのもインターネット上の、ウェブアプリケーションの賜物と言って良いでしょう。そのアプリケーションの開発には、膨大やコストや開発期間が必要ですが、開発する側も予算と、また開発期間にも限りがあります。インターネットをお使いの方なら、誰でも耳にしたことがあると思いますが、アプリケーションの脆弱性とはそうした制限から起因するものであります。ところが最近ではWAFと呼ばれる新しいセキュリティーの登場で、その脆弱性をも大幅にカバーすることが可能になったのです。

WAFとは、ファイヤーウォールの一種なのですが、今まであったタイプと違い、アプリケーション段階でガードすることが特長です。これにより、その脆弱性を突いた攻撃をも察知することが可能になりましたので、実に優れた性能を有しているセキュリティーです。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.