WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

インターネットの危険性をアプリケーション内から監視して、ブロックするWAFは画期的なファイヤーウォールです。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFという画期的なファイヤーウォール

インターネットがここまで普及すると、便利さも今まで以上になりましたが、反面危険性も増してきています。危険だからと言ってインターネットを避けることができない程、現在では我々の生活に馴染んでしまっています。勿論それに対する対策がなされていない訳ではありません。これまでも多くのセキュリティーが考案され、危険性から我々を守ってきてくれました。ファイヤーウォールというものもその対策であり、危険性をシャットアウトしてくれるセキュリティーであります。

これは主にデータの通り道で、ウイルスの脅威やデータの改ざんをブロックしてくれるものです。しかし近年では、WAFという新たなファイヤーウォールが登場しました。この新しいファイヤーウォールはこれまでの方法と違い、アプリケーション内に及ぶ管理で悪意ある操作を監視して、ブロックするという画期的なものです。WAFの効果はこれまでのファイヤーウォールに比べて格段に高く、各方面から注目され始めています。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.