WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFはファイヤーウォールというセキュリティソフトの一つです。WAFの特徴と使うことによる利点を説明します。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFの特徴と使うことによる利点

WAFとは、ファイヤーウォールというセキュリティ目的で使われる、ソフトウェアのうちの一つです。WAFの大きな特徴として、アプリケーションレベルでのセキュリティ管理ができるというところにあります。それまでの、ファイヤーウォールソフトは、ネットワークごとの管理をしていました。そのため、ネットワークの中に、一つでもセキュリティに引っかかるアプリケーションがあると、ネットワークすべてがはじかれてしまいます。

WAFを使うことの大きな利点は、それまでのファイヤーウォールよりも、さらにセキュリティ効果を高めることができるところにあります。また、それまでのファイヤーウォールでは、攻撃性のあるソフトウェアを含んだネットワークであることは分かり、はじくことができたが、肝心のウイルスソフト等の情報を集めるのは簡単ではなかった、ところがWAFでは、何のアプリケーションが攻撃してきたのかも特定しやすくなっており、ウイルスソフトやトロイの木馬等の、攻撃性のあるソフトウェアへの早い対応も可能になります。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.