WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFとは、Webアプリケーションを不正アクセスから守るセキュリテイソフトです。私達のパソコンを守っています。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFはパソコンのセキュリティソフトです

WAFとは、Webアプリケーションファイアーウォールの略になります。ネット上での不正なアクセスを防ぐファイアウォールの一種で、Webアプリケーションの不正アクセスを防ぐ役目を持っています。WebブラウザとWebサーバーの間に立ち、ネットからパソコンに入ってくるプログラムを直接審査する権限があります。

審査したプログラムが不正と判断した場合、アクセスの要求を遮断してくれるのです。大概のファイアウォールでは、これらの審査、アクセス拒否まですべて自動で行ってくれる物が多いです。もちろん手動に切り替えたり、自分である程度の審査基準を設定できるなど、応用がきくようになっています。このシステムができる前の従来型では、IPアドレスやメールポート番号を指定しての遮断しかできませんでした。このシステムでは、満足なセキュリティ効果はできないためWAFが作られました。このWAFのお陰で安心してネットからプログラムをダウンロードできるようになったのです。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.