WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WEBアプリケーションの脆弱性を脅威から防御する役割を果たすのがセキュアプログラミングとWAFです。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

セキュアプログラミングを補完するWAF

今、IT業界のなかで、喫緊の課題となっているのがセキュリティの問題です。もともと、開発当初のインターネットのプロトコルには、セキュリティの考えがまったく反映されていなかったため、今になってセキュリティ上の問題が浮上しています。中でも今問題となっているのが、WEBアプリケーションの脆弱性です。数分ごとに新しく生まれるコンピューターウイルスや不正アクセスなど、防御しなければならない脅威はどんどん増えているため、速やかに安全性を確保しなければなりません。

そこで、もともと持っている惰弱性を防御するものがセキュアプログラミングです。ですが、セキュアプログラミングがあるからといって、すべての脅威に対応することができるわけではありません。そこで、そのセキュアプログラミングを補完するものとして、WAFが必要となってきたのです。この両者は、それぞれ補完しあいながら、脅威からコンピューターシステムを防御するわけです。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.