WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

近年になって多くの企業に導入されているWAFには優れた点が非常に多いですが、当然のことながら弱点もあります。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFの優れた点と以外な弱点

WAFとは、Webアプリケーションにおける不正侵入によって、情報が漏れてしまったり、Wウェブサイトが変えられてしまったりすることを、セキュリティ面から防御できるファイアウォールです。近年になって、このWAFを導入する企業が増えてきました。理由は安くて素早い対応ができることにありますが、クラウド型の登場でさらに低価格でチューニングなどもしなくてよくなったことがあげられます。

WAFは名前の通り、Webアプリケーションに対して非常に強い力を発揮します。さらに、Webサーバー、Web用のミドルウェア、言語システムの脆弱性に関しても効力を発揮するという優れものです。ただし、弱点もあります。一見、何もかもを間も手くれそうなシステムですが、Web以外のプロトコルを用いるメールシステムなどに攻撃された場合は防御機能が働きません。何でもOKというわけではないので、あくまでもWebアプリケーション専用と認識して利用する必要があります。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.