WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFは不正な通信に対して有効なだけでなく、非常に安価で素早い対応ができるというメリットもあります。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

安全にWebサイトを運営したいならWAF

WAFとはWebApplicationFirewallの略で、Webアプリケーションに対する不正な通信を阻止するために作られたシステムです。近年、Webアプリケーションの脆弱性を狙う脅威が狡猾になっていて、これまでの対策だけでは足りなくなったことから登場した歴史があります。WAFの特長は既に知られている攻撃パターンを自分で記憶して、不正通信を検出したりブロックしたりします。おまけに正規の通信パターンまで記憶することができるので、そのパターン以外の通信は完全にブロックすることも可能となります。

もちろん、脅威をブロックしたり見つけたりするだけでなく、非常に安価で素早い対応ができるというメリットもあり、チューニングなどができる技術者がいれば導入しやすいと思います。また、最近はクラウド型のWAFも登場しているので、専門知識がある方のいないような企業でも導入しやすくなっています。いずれにせよ、安全にWebサイトを運営したいなら早めの導入が必要でしょう。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.