WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFでのウェブサイトの防衛と、サイバー攻撃にあった時の損失などのことをいくつか書いてみました。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFの防御と導入の必要性

WAFは、今までのセキュリティ上の対策では対処できないサイバー攻撃を中心に、それを防御し撃退する目的で開発されたシステムですが、それだけ今までの対策ではサイバー攻撃の防御効果が薄れているということです。悪意ある第三者の攻撃では、当然ですが、防御をしていないところを狙ってきます。今までのように防御できるところは当然彼らも理解していますから、無駄な攻撃をするよりも効果的な進化した攻撃をしてきます。それがWebサイトの脆弱性を突いた攻撃であり、そこからの情報の漏洩や不正送金に繋がるルートが出来てしまっているということになります。その技術も進化しています。

その対策としてWebアプリに特化したファイアーウォールという考え方が生まれて、そのシステムが出来てきたということですが、一度攻撃を受けて情報が漏洩すると企業の社会的信用の失墜してしまい、Webサイトの長期的閉鎖による機会損失などで、大幅な売り上げ減ということにもなりかねません。その対策がどうしても必要になります。それがWAFの導入ということで、どうしても必要な導入になります。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.