WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

セキュリティー対策が重要になる現在、セキュリティー製品のWAFとは何か?WAFの重要性などについて紹介します。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

セキュリティー製品WAFの解説

WAF(WebApplicationFirewallの略語)は、Webアプリケーションに対して、クロスサイトスクリプティング(XSS)などによる不正ログインや不正アクセス攻撃があった場合、それを防ぐ事ができるセキュリティー製品のことです。Webアプリケーションに脆弱性があった場合は、すばやく安全なプログラムに書き直さなければなりませんが、WAFがあれば、取りあえず一定のセキュリティーを保つことが出来ます。(脆弱性は発見しだい直す事は大切です。)

特定ターゲットを狙った攻撃も増えてきており、大企業などでは2重3重のセキュリティー対策を取ることが一般的になりつつあります。WAFは、ファイヤーウォールの内側に置いて、Webサーバを守るシステム構成などが考えられます。ファイヤーウォールでは防ぐことができないWebアプリケーションのセキュリティー対策は、WAFなどを使用して対策していくことが今後はますます重要になっていくでしょう。

関連記事・情報

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.