WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFの導入によって、問題発生時に通信を停止することができます。提供者側の問題を受けずに済みます。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFを導入すれば問題発生時に通信を停止

ユーザーがウェブアプリケーションを利用するとき、提供するサーバなどにアクセスをすることになります。そして情報のやりとりを行うのです。問題がなければそのまま継続しても良いですが、問題が発生したときにどうなるかになります。サービスを提供する側のサーバに多いて、他からの侵入があり、トラブルが発生したような場合です。

その時、提供側も利用側も気付かなければそのまま利用し続けます。すると、利用側にも問題が及ぶことがあります。提供側が防がないといけないことなのですが、それが行えない場合があるのです。そこでWAFの導入があります。こちらを導入することで、ウェブアプリケーションを提供する側で問題が発生したときに何らかの情報を得ることができます。

あるシステムにおいては、問題が発生したときに接続を切断する機能があります。利用者はサービスを利用できなくなるものの、提供者側で起きている問題を受けないで済みます。問題解決後再び接続できるようになります。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.