WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFであれば最新の脅威が出てきたとしてもそれに対する対応をしてもらえます。アプリでの対応は難しいです。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFなら最新の脅威に対応できる

パソコンを購入して最もセキュリティ対策に定評のあるソフトを導入したとします。それで安心していたら次の日にウィルスに感染してしまいました。なぜそのようなことになったのでしょうか。いくら最新のソフトを導入したとしても、情報が新しくないと意味がありません。セキュリティに関する問題は日々新しいものが発生しているからです。

実際には自動でダウンロードするなどの仕組みがあるのでそのようなことは少ないと思いますが、いいものを入れたからと安心していてはいけません。ウェブアプリケーションの開発においても、新たに発表するときには問題などが全くない状態になると思います。そう思って導入したところ、次の日には問題が発生しているようなこともあります。

最新の脅威にも対応できる仕組みとしてWAFの導入が良いと言われます。アプリケーションにおいて常に最新の対策をして、その度にプログラムのバージョンアップをするのは現実的ではありません。ソフトで行ってもらいます。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.