WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

アプリ開発においてコストがかかる部分として脆弱性対策があります。WAFの利用でその部分のコストを下げられます。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

アプリ開発コストを下げるためのWAF

理想的なウェブアプリケーションとしては脆弱性が全くないものです。それに対する技術は常に高まるものとされています。しかし、セキュリティについてはイタチごっこと言われるぐらい、対策をすればするほど上の技術が出てきます。それを上回るものが出てくるのです。それに一つ一つ対応するには非常にコストがかかることになります。

ですから、アプリケーション開発においては、最低限これくらいの脆弱性に耐えられるようにと計画を立てることになります。少し脆弱性があっても仕方がない状態です。そうすればコストも抑えることができるようになります。では少し残っている脆弱性についてどのように対応すればいいのでしょうか。そのままではサービスを提供できません。

WAFを利用すれば少しの脆弱性をカバーすることができるようになります。コスト開発において脆弱性対策費用を減らすことができるのです。ほんの少しこの費用を落とすことでかなり開発費用の方も減らせるようになると言われます。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.