WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

普通のファイヤーウォールでは見抜けない侵入も、WAFならデータの中身をチェック遮断して、安全を保ちます。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

セキュリティの期待の新星WAF

セキュリティー対策を万全に行うことは、インターネットを利用する一般ユーザーにも、もはや常識となりました。そしてウェブサーバーを運営する側では、セキュリティー対策は大前提の必須項目であります。ファイヤーウォールは不正なアクセスを防ぐことに、大きく貢献してくれていますが、全てを防げないことも事実であります。ネットから入るデータその物は、脆弱ポイントに紛れたりして、通常のデータとして侵入してきます。こうなるとファイアウォールでは、防ぐことができません。何故なら、ファイヤーウォールはデータの中身は見ていないからです。

そのデータの中身を見て、危険を排除するのがWAFです。WAFのWはウェブ。Aはアプリケーション。Fはファイヤーウォールをそれぞれ意味し、発音は、わふ、と言います。アプリケーションの名が示す通り、アプリケーションでやり取りを行うデータをチェックして、不正な侵入や要求を見抜きます。そして遮断しますので、システムの安全が保てるようになるのです。これからの期待の新星と言える存在でしょう。

関連記事・情報

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.