WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

インターネットセキュリティに欠かせない概念として、WAFが注目される存在となっております。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

セキュリティ対策ならWAF

ネットセキュリティの重要性が求められており、そこで必要となってくるのがWAFだと考えられますし、またセキュアプログラミングとの2重などの防御によって脆弱性にさらされるリスクを持っている内容のもの性などを減らしてゆくのであります。いわゆるプログRAM自体などをセキュアに作成していくことはどのウェブアプリケーションにおいても必要であります。

こうしたもの2つは排他的な関係にあるわけではないものでありますし、WAFはセキュアプログラミングを補完するものであると言えます。また以下などのリストはそれぞれのメジャーな製品などをリリースしているベンダのリストであります。ここ数年では、市場に出回っているWAFには大きく分けてアプライアンス製品とアプリケーション製品があります。

いわゆるセキュアプログラミングがアプリケーションプログRAM自体などの対策手段に関連しているのに対しておりますので、WAFはアプリケーションからは独立した外付けの対策であります。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.