WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFやIPSは非常に優秀なセキュリティシステムですが、それぞれにメリットやデメリットがあります。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFやIPSのメリットを持ったサービスの登場

最近、サイト運営をする上でのセキュリティ面で人気になっているのは、ホスト型と言われるWAFやネットワーク型と言われるIPSでしょう。このどちらも非常に優秀なセキュリティシステムを持っていますが、当然のことながらそれぞれにメリットやデメリットがあります。たとえば、WAFは導入時にサーバー停止が不要だったり、クラウド型を導入できるというメリットがある一方で、サーバーへの負荷が高くなってしまったり、対応OSに制限があったりします。

これに対してIPSはサーバーへの負担が掛からなかったり、対応OSの制限がないというメリットがある一方で、導入時にネットワークの再構築が必要になったり、サーバ停止が必要な場合が多いです。そして、どちらにも共通するデメリットとして、保守に運用技術者が必要になることが多いことが挙げられます。しかし、最近ではこれらWAFやIPSのデメリットを上手にカバーしているようなサービスも登場しているので注目したいところです。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.