WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFの導入はチューニング作業が意外と大変ですから、近年クラウド型のサービスに注目が集まっています。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

注目が集まっているクラウド型のWAF

近年になってサイトの脆弱に対する手段としてよく用いられるのがWAFです。これはウェブ・アプリケーション・ファイアウォールの略で、早くて安いことから非常に実用的で有効だと言われている方法です。特に最近ではクラウド型Fも登場しており、これは初期費用が抑えられるだけでなく、業者からのチューニング、運用、保守もしてもらえることから、専門的な知識を持っていない方でも対策が行えることで人気になっています。もちろん、脆弱性に対する対応が非常に素早いため、あらゆる脅威に対して有効です。

なぜクラウド型がいいのかというと、実はWAFの導入にはメリットだけがあるわけではないのです。実際にWAFを導入する現場では、いくつかのトラブルに巻き込まれることもあります。特にチューニング作業は意外と大変で、コストや時間が掛かってしまうのです。そこで、専門的な知識がなくても利用できるクラウド型には大変注目が集まっているのです。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.