WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WEBアプリケーションやサービスで頭を悩ませるセキュリティ対策の労力をWAF導入で軽減することができます。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

WAFの導入によるセキュリティスクリプティングの効率化

WEBアプリケーションやサービスを構築する際に、プログラマの頭を悩ませることの一つが、セキュリティ対策です。不正なコードが走ることが内容に、プログラムロジックの中に、悪意ある文字列やデータが渡されてもそれを無効化あるいは無視するためのコードを入れ込んでいかなければなりません。

それは大変に冗長な作業であり、しかも対策が高度で複雑になるほど、そのためのコード記述量が増加していくことになります。その結果、コードが読み辛いものとなり、バグの温床にもなりかねません。そこでWAFを導入することで、すべてとはいかないものの、多くのセキュリティ対策を任せることで、コーディングの手間を減らすことを検討するのが良いでしょう。

プログラマは、ビジネスロジック等の組み立てに集中でき、またコードもセキュリティとある程度分離することができるようになるため、管理しやすいものにすることができます。その結果、バグも減らすことができるので、非常に便利です。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.