WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

ホームページやブログを運営されている方に必須のセキュリティ対策がWAF。その内容について解説します。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

セキュリティをより万全にするためのWAF

公的機関や企業のホームページが、突然何者かによって改ざんされてしまったというようなニュースが、頻繁に聞かれるようになってきました。公的機関でも企業でも、コンピュータに対するセキュリティ対策は、それなりに行っているはずなのに、どうしてこのような事態になってしまうのでしょうか。

それは、ひとつにはITセキュリティに対するリテラシーの不足ということがあげられます。しかし、エンデユーザにできることは、不審なメールを開かないことや、怪しいリンクを踏まないと言ったことの他には、ウィルス対策ソフトやファイヤウォールを導入するというところまででしょう。

しかし、それでは防げないタイプの悪意のある攻撃に対してはWAFを導入して対応する必要があります。従来のファイヤウォールでは、通信自体が正しい手順にそったものであればパスされていたものでも、WAFは、その中身に悪意あるコードがあるかどうかまでチェックしてくれるのです。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.