WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

自社や個人でサイトを所持している場合、セキュリティ対策の一つとしてWAFの導入は必須になってきました。

WAFがあればアプリケーションの問題を無害化

サイト管理者は導入必須のWAF

レンタルサーバやホスティングサービスを利用して、自社や個人でWebサイトを管理している場合に、アプリケーション層のセキュリティ対策としてWAFの導入は必須になってきます。WAFは、Webアプリケーション用のファイヤーウォールの意味で、従来のファイヤーウォールがIPレベルでの監視を行っているのに対し、WAFはWebサーバとブラウザの間の通信を監視しているという役割を担っています。

これにより、従来のファイヤーウォールでは対応が十分出来ていなかったSQLインジェクションやクロスサイトスクリプティング、あるいは強制ブラウジングといった攻撃に対して、セキュリティレベルを高めることができるようになります。

アプリケーション層レベルをターゲットにした攻撃は、サイト自身が危険にさらされるだけでなく、それを見ているユーザーに対しても被害を及ぼすようになる可能性が非常に高くなりますので、ユーザーに対する保護やサービスの向上という点からも、サイト管理者にとっては、WAF導入は必須のものと言って良いでしょう。

Copyright (C)2019WAFがあればアプリケーションの問題を無害化.All rights reserved.